ろくごまるにの原稿進捗状況を淡々と記すブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒い炎の挑戦者―封仙娘娘追宝録〈5〉
シリアスな四巻の反動が、ドカンと来過ぎちゃってる五巻でございます。
後半のレギュラーキャラが登場してるわけですが、この時点でそんなことは微塵も考えてなかったですわい。
ハサミ業界でもトップクラスのカッコいい名前の豪角刃とか、いろいろ出てきますな。

暗殺を企てる宝貝の一団と、それを阻止する宝貝たちの死力を尽くした戦い。おぉ、なんとなく山田風太郎テイストじゃないか! 山田風太郎サイコー! 
ぼかぁ、歴史小説は山田風太郎しかぁ読まないんだよ。(この冗談は、実際に言ってドン引きされたぞ!)

ギャグにしては、戦闘のプロの人がガチで半殺しになってたりして、結構笑い事じゃないけどドンマイ! って感じですな。

機織り機械の宝貝か。名前は何にしよう。糸を絡み合わせて作るから、最後の一文字は「絡」でいいか。
うむ。繊細な着物を作る感じだから「麗」の字も使おう。麗に合って、いい漢字は何かのう。
パラパラと漢字の辞書をめくる。おぉ!「流」の字がいいじゃないか! 語感はいいし、ワシの感性、スゲー!
……後日、だいぶ経ってから「流麗」という言葉が普通にあると知ってコケーとなった。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。