ろくごまるにの原稿進捗状況を淡々と記すブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刃を砕く復讐者〈下〉―封仙娘娘追宝録〈9〉
えらいことになってる『刃を砕く復讐者〈下〉―封仙娘娘追宝録〈9〉』でございます。
静嵐が全開で頑張ってるのに、どシリアスだよ!

この辺りはどうだったかのう。まだ、ラストに納得いってなかったか、真のラストは思い浮かんでいたんだっけか。
陰々滅々としてた記憶はあるんで、思いついていてもどう料理するかは、考えることが出来てなかったはず。
短編の仙界編で、重要人物がでてきてるけど、この時点では(少なくとも意識的に)絡める気はなかったねえ。

パーツの組み方は判ってないのに、短編できっちりパーツを作ってる辺り、なにやら憑かれてる感がありますな。

原稿が書けないのは、着地点の読み不足が理由だったのに、間際に体調崩してたから、原因をそっちの方に考えちゃって泥沼な感じだったかな。

苦闘、激闘、死闘の時期は、経過してから見直すと結構面白いのだ。全然笑い事じゃないんだけどね。
アタッカーが見えてないのに、キッチリとトス上げしてるのがよろしいな。

あのラストで十巻まで、間が空いてしまったのは、本当に申し訳なかった。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。